top of page
  • 診断当日の服装について
    当日は気楽に「普段通り」の服装でいらしてください。スカート、パンツ、どちらでも良いです。髪型も、普段巻いている方はそのようにしてきていただいて構いません。その日の服装が診断結果を左右することはありません。 お召しになっているものが結果としてお似合いでも、似合うものとは異なる性質のものだったとしても、私はその私服をお客様の好み、あるいは着心地の良いものや選びやすいもの、と捉えます。 普段着と似合うもののギャップが少なければ、「もっとレベルアップするには」というアドバイスができますし、それなりにギャップがあれば「どのように似合うを楽しんでいくか」という部分からお話しできます。 普段通り、または好きな格好でいらっしゃると、より具体的で実用的なアドバイスを聞けると思います。 時々、最後に「あえていつもと違う格好で来たんです」と仰る方がいらっしゃいます。それはそれで構わないのですが、特にお得なことはありません。
  • カラーコンタクト、メガネについて
    目の色や輝きを見ながら診断を進めます。 診断中、カラーコンタクトや眼鏡は外していただきます。 視力に不安のある方は、当日は度入りのクリアコンタクトをしてきていただけると幸いです。
  • 昼食について
    オウカフルの診断は自然光のもと行います。 昼食の時間を跨ぎますが、休憩を兼ねて簡単なおやつを提供する程度で進めていきます。 ※アレルギーや食事制限のある方は当日までにお知らせいただき、 体に合うもの(おにぎりやパンなどの軽食)をご持参ください。 前日からしっかり眠り、当日の朝食は各体に合わせてしっかり摂っていただくことをお勧めします。
  • 当日のスマートフォン使用について
    診断中はバッグの中に閉まっておいていただきます。合間に使用する必要がある場合などは、ご相談ください。
  • PC 2番目に似合う色を教えてもらえますか
    基本的に2番目に似合うシーズン(いわゆるセカンド)を伝えることはありません。 似合うシーズンを2つ知っているよりも、1番似合うシーズンの色が、なぜ自分の魅力を引き立てるのかを理解することの方が大切だと考えています。 結果に幅を持たせるのではなく、今一度自分の魅力に集中しましょう。 色相、彩度、明度、3つの要素と自分の魅力をリンクさせ、理解に奥行きを作る方が、より楽しく、簡単に色を選べるようになると思います。
  • 芸能人のロールモデルを教えてください
    芸能人は「魅せる」プロです。プロのヘアメイクとスタイリング、演技を用いて、求められた姿に仕上げています。 事務所の方針や仕事の都合で、キャラクターや衣装の方向性が変わることも多いので、自分のためだけのロールモデルとしては参考になりません。 PD分析時に、芸能人の名前をいくつか挙げますから、それをタイプごとの参考とする程度に留めていただきたいです。 日々お客様の個性と向き合うコンサルタントとしては、芸能人といえど、お客様一人一人の持つパーソナルな魅力を全て持ち、かつ超えてくるような芸能人などいないだろう、というのも本音です。
  • 好きな色やデザインと似合うものが違っていたら
    好きは主体的なもの、似合うは客観的なもの。明確に違いますね。 全てぴったし一致していたらラッキーですが、そのような方はレアだと思います。 とても好きなものがあって、それが人生を幸せにするのであれば身につけるべきです。 「今日は似合う服で決めよう!」「今日は好きなものを着よう〜」 あるいは混ぜてみても良いと思います。好きなものの選び方も、似合うを知る前とは変わってきますよ。 似合う要素とあなた自身の魅力は、お友達だということも覚えておいていただきたい。仲良しを身につけていると、人から見て心地よいのです。ちょっとずつトライして褒められたりして、似合うも好きの内になっていったら素敵ですね。
  • 何歳から診断可能ですか
    オウカフルでは16歳以降の診断を推奨しています。 お受験等に備えて、幼児のパーソナルカラー診断を行うことも可能ですが、パーソナルデザインの診断は大きくなってからにいたしましょう。 似合うを謳歌する前に、好きを謳歌する期間があることも大切かと思います。 ご本人が似合うと好きを冷静に分析できるようになり、時には好きを優先する余裕や、内なる個性が育ってから受けることで、より一層理解が深まるでしょう。

 アクセス

田園都市線

用賀駅から徒歩6分

​予約確定後にご案内いたします。

bottom of page